尿酸値を下げるPA-3乳酸菌とは

尿酸値を下げるPA-3乳酸菌とは

このPA-3乳酸菌というものを知っていますでしょうか。ヨーグルトなどに含まれているものが販売され注目を集めていますが、実はこれはプリン体を吸収する効果があると言われています。主な効果としてはプリン体吸収、尿酸値を下げるというものです。

 

まず、プリン体について理解していてもらいたいのが構造ですが、プリン体はプリン塩基、プリンヌクレオチド、プリンヌクレオシドの3つで成り立っていますが、PA-3乳酸菌はこの構造自体を分解して体内に取り込むという作用があるということになります。

 

これは、非常に驚くべきことで、プリン体を栄養素としているということに繋がります。さらに尿酸値が低下するということも確認されており、痛風患者には非常に嬉しい食品になるでしょう。

 

ただ、すぐに尿酸値が下がるというわけではありません。まず腸内の乳酸菌を増やす必要がありますので、食べ続けるということが大切になります。食べ続ければ効果は現れますが、より早く効果を得たいという場合は、アンセリンというアミノ酸系のサプリメントと一緒に摂取することで早い効果を期待できます。

 

アンセリンというのは尿酸の生成を抑える作用と尿酸の排出を促進する作用がありますので、同時に摂取することでより高い効果を得ることが出来ます。しかしアンセリンのサプリメントはどうしても高価なものが多いということも理解しておきましょう。

 

とにかくPA-3乳酸菌とアンセリンを併用することで大きな効果を得ることができますので、痛風に悩んでいる方、また尿酸値が気になる方は是非オススメとなります。